Panasonic太陽光発電4.893kw1日目-2(横浜市)

今日で無事施工完了していますが、丁寧にレポートしたいので
昨日の様子のvol2 を。

本日このように終了しています
e0207151_19345953.jpg


昨日は、屋根で架台の取付のほか、パワコン(パワーコンディショナー)周りの
作業をしています。
パワコンは分電盤横に取り付けることが一般的です。
洗面室に分電盤があることが多いのですが、こちらのお客様宅はキッチンにあります。
極力、壁裏などに隠蔽で配線したいので、天井点検口を設けました。

天井点検口用に開口して配線しているところ。丸穴はダウンライトを外した穴
e0207151_19595947.jpg

分電盤とパワコン。パワコン下にケーブルの先端が見えます。
e0207151_2002641.jpg

もう一方の先端が、点検口から降りているケーブルですが、これは天井裏を通し、
壁に穴を開けて外壁に固定する接続箱に配線します。
よって、室内に新たな配線が見えることはありません。

このように仕上がります
e0207151_202091.jpg

こういう細かい作業をしっかりと配慮することで、意外と時間がかかるのです。

今回は、屋根の葺き替えなども行うスタッフとともに施工しました。
このスタッフのところには、「他店で」太陽光発電を取り付けた施主様が、
雨漏りがしたのでその施工店に修理を依頼したところ、その施工店と連絡が取れないため
メーカーに対応を依頼。そのメーカーからの依頼で、修理に出向くことも多々あるそうです。
※弊社が施工差し上げたお客様ではありません!

その場合、パネルを外して確認するのですが、
コーキングなどの雨漏り対策が充分されていないことが、呆れるほど多いとのこと。
確かに、屋根の上ですからお客様が直接確認することはまずムリですから、
手を抜こうとすればいくらでもできてしまうのです…

弊社は決してそのようないい加減・適当な施工をすることはありません。
このブログ・レポートに目を通していただければ、施工品質がお分かりいただける筈です。
いい加減な施工をしていれば、このように「公表」できませんから。

屋根に登ると、近隣で太陽光発電を取付けているお宅が散見されました

傾斜屋根(瓦)
e0207151_19563189.jpg

陸屋根
e0207151_19574253.jpg


弊社は、あらゆる屋根材の施工を承っております。
太陽光発電のご相談は、確かな品質と低コストの弊社までお気軽にどうぞ。
[PR]
by home-saving | 2012-08-29 20:08

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧