Panasonic 太陽光発電の現調(横浜市)

先月下旬に太陽光発電システム設置のご用命を頂戴したお客様。
現在補助金の申請中。着工前の本日、現調を行いました。
※補助金を申請する場合、補助金支給決定通知受領前に施工する事はできません

建築図面を基にパネルのレイアウトを作成、必要な部材を求め
見積もりをご提出しご提案、ご契約を頂戴するわけですが
施工前には必ず現調を行い、
計画通り施工ができるか、どのように電気配線を行うかなどを検討し、
お客様にしっかりとご説明差し上げ、同意を得ます。

改めて屋根を採寸し、計画通りにパネルを取付けられるか確認
e0207151_2221034.jpg

キレイな屋根ですので、取付に問題なし
(劣化していると架台の固定に不安があるため、この場合は屋根の塗装などを検討します)
e0207151_22212640.jpg

パワーコンディショナーの取付け位置を検討。
一般的には分電盤近くに取り付けます
e0207151_22214119.jpg

現調後、施主様と福島の被災地復興の話になりました。
このように自宅の屋根に太陽光発電システムを取付け、再生可能エネルギー拡大に
協力すること、そして原発依存度の低下に資すること、
このような取り組みが、首都圏に住む者ができる協力のひとつ、とお話されていました。

このようなお客様のお気持ちにご協力できること、
こういう気持ちで、太陽光発電の普及に努めていきたいものです。

いい加減な施工をする業者がはびこっていることは情けなく、悲しいことですが、
彼らは、このような気持ちで太陽光発電を導入しようとするお客様の気持ちを
どのように受け止めているのでしょうか?

太陽光発電は、ちゃんとした業者を選ぶことが大切です。
もちろん弊社は、「ちゃんとした業者」ですので、ご安心してお気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2012-08-03 22:21

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧