隠蔽配管2室マルチエアコンの入替 前編(東京都杉並区)

先日、2室マルチエアコンの入替を行いました。
もちろん隠蔽配管です。
長くなるので、前編・後編に分けてご紹介します。

Before
入替前の室内機(現地調査時)。隠蔽配管ですので冷媒管が見えません。
また、マルチエアコンは室外機と電源が直結しているので
室内機をコンセントに繋ぐ必要がないのでスッキリします。
e0207151_10492974.jpg

e0207151_10494365.jpg


古い室外機の撤去中
e0207151_10511523.jpg

撤去後。2室分の隠蔽配管の他に露出配管が見えます!
e0207151_10521284.jpg

e0207151_10524120.jpg

これは、他店に入替を依頼した際に、同店では隠蔽配管仕様で対応できなかったため
露出配管(カバー付)で施工されたとのこと。
隠蔽配管は意外と技術が要るのです!(当店もご対応できず申し訳ございませんでした)

冷媒管の改修中。古いエアコンと新しいエアコンは冷媒管の太さが異なることが多く、
異型ユニオンという部材を用いて調整します
e0207151_10553444.jpg

室内機を取り外したところ。このブログを読んでいただいている方は
もうお馴染みになった光景だと思います
e0207151_10563117.jpg

はじめてご案内します
壁内のドレン配管

ここに室内機から出ているドレン管を差し込みます。
弊社が隠蔽配管施工をしているお宅では、室内機から出ているドレン管のほうが径が小さいので、
「はまらない」ということはありません。
ここをしっかりしないと、壁内で水漏れを起こし大変なことになってしまいます!

e0207151_11144496.jpg


後編に続きます…
[PR]
by home-saving | 2011-12-08 11:24

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧