<   2013年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

収納スペース造作のリフォーム

明日から12月、そろそろ大掃除の計画を立てられているかも多い事でしょう。
「断捨離」もブームですが、永年の思い出などどうしても捨てられないものもあります。
そして、収納スペースには限りが…

今回は、収納スペースを増やしたい、というお客様のご要望にお応えしたケースです。

このように、モノを置いていたのを、スッキリきれいに仕上げていきます
e0207151_11512049.jpg

[PR]
by home-saving | 2013-11-30 11:16

TOTOシステムキッチン クラッソへリフォーム 番外編

こちらのお客様は、前回までレポートの通り、吊戸棚と背面収納は再利用されました。
面材が剥がれたり、キズが付いたりと、どうしても傷みが気になるところです

Before
e0207151_17142917.jpg


このように修復しました
After
e0207151_1715399.jpg


この技術は、フローリングに重たいものを落として、
傷になってしまった場合の補修と同様です。

過去には、新築のお宅に入居前、家具のサイズを測っていた際
モノを落として傷つけてしまったフローリングの修復も行いました

Before
e0207151_17172157.jpg

After
e0207151_17173461.jpg

[PR]
by home-saving | 2013-11-25 17:18

TOTOシステムキッチン クラッソへリフォーム 3

いよいよ組立てです。
今回の最大の目的であったレンジフード。
ゼロフィルター式のレンジフードは、スッキリかつお手入れのしやすさ抜群!
Before
e0207151_12155262.jpg

After
e0207151_12161091.jpg

幕板を外すと、内部はこのようになっています
e0207151_12165783.jpg


面材の色は、ストライプ模様のある薄いグリーンを選択されました。
(ラッピングを剥がす前です)
e0207151_12173530.jpg

吊戸棚、背面収納は継続利用のため、ツートンカラーになりますが、マッチしています
e0207151_12181738.jpg

TOTOクラッソ最大の特徴は、すべり台シンクと水ほうき水栓。
これがお気にいられて、クラッソをご採択いただきました
e0207151_12201231.jpg

ガスコンロは、リンナイの2口ガラストップfamiをご採択になりました。

昨日も打ち合わせでショールームに参りましたが、
既に、施工日は年明けで調整しているお客様が多いです。

おそらく、年明けには増税前ということでもう1段過熱感が高まり、
3月までの引渡しに間に合うか? のせめぎあいになるでしょう。
納品されない、施工の職人が手配できない… このような事情で、3月までの納品ができなくても、
4月以降に引渡しとなれば8%の消費税率が適用されます。お気を付け下さい。

お早目にご相談、ご検討ください。
[PR]
by home-saving | 2013-11-23 12:23

TOTOシステムキッチン クラッソへ入替 2

今回のお客様は築15年。システムキッチンをフルで入替えるには正直まだ早い気がしました。
お客様も同様のお考えで、ガスコンロとレンジフードの入替えをご検討でしたが、
水栓周りの水あかや天板・コーキングの汚れが気になっており、
増税前ということもあり、吊戸棚&背面収納は残すことにしました。

面材の色味を揃えることは難しいので、思い切って「2トンカラー」にしました。

レンジフードとシンクなどを解体・撤去
e0207151_17501510.jpg

e0207151_17503345.jpg


撤去した後、新しいキッチンに合わせて給排水の位置を変更して初日は完了です。

ところで、キッチンメーカーの生産・職人がひっ迫しており、
増税前の駆け込み需要が一段と激しくなっています。

今からショールームでご相談し始めると、早くても年明けに納品・着工できるか? 
というイメージです。

お引き渡しが4月以降になると、消費税率は8%になってしまいます。
お早めのご検討、ご相談がオススメです。
[PR]
by home-saving | 2013-11-20 17:53

TOTOシステムキッチン クラッソへ入替

昨日、本日と2日間でシステムキッチンの入替えです。

どれだけキレイに、快適になるでしょうか…

Before
e0207151_18245935.jpg

e0207151_18251881.jpg

[PR]
by home-saving | 2013-11-19 18:25

TESガスエアコンの入替 3

熱源機と室内機は温水管が繋がっています。
熱源機は、給湯器と一体型ですので、
例えばキッチンでお湯を使っていると、この室内機にもお湯が回ってしまいます。
しかし室内機側は温水管を外し、封印しています。
ですので、熱源機側も封印して、お湯が回らないように処理する必要があります。

室内機に繋がっている温水管を熱源機から外したところ。
3系統(3台のエアコン)分あるので、往きと戻りで計6本。
これで、新しいエアコンのところにはお湯は回りません
e0207151_16281189.jpg

このままですと、他でお湯を使っているとき「垂れ流し」になってしまうので
この6か所を止水栓を使って止水処理します。いちばん手前が止水した箇所の1つです
e0207151_16291054.jpg

あとは、前回説明したように信号線を「3芯目」として使用して、新しいエアコンを取り付けます
Before
e0207151_1630977.jpg

After
e0207151_16301981.jpg

信号線は室内機と熱源機を結んでしますので、室外機まで延長し
室内機と室外機を結ぶ必要があります。
今回はPFD管という非常に耐用性のある保護管(黒い管)で覆って処理しました。
給湯熱源機も、ご覧のとおり元の通りになります
e0207151_1633862.jpg

e0207151_1634737.jpg


実は、今回入替えなかった使用頻度の少ないエアコンが他にあるのですが、
今回の入替後に、暖房が出なくなったというお知らせ…
本日確認に伺ったのですが、施工ミスはなくたまたま同時期に「故障」したようです…
(温水の量を調整する熱動弁がまったく動作していなくなっていました)

暖房を使うことが多くなりますが、暫くつかっていなかった後、
突然動かすと、負荷がかかり故障が判明することが多々あります。
早めに試運転をされることをオススメします!
[PR]
by home-saving | 2013-11-17 16:39

TESガスエアコンの入替 2

TESガスエアコンの室内機(今回は壁掛形)を外すと、このようになっています
e0207151_174663.jpg


一番右の穴付近に見えるのが、室内機と室外機を結ぶ電源。
このエアコンは室内機の下にコンセントがあることから
わかるとおり、室内電源タイプです。
室内機と室外機の間は「3芯」で繋ぐのですが、見えにくいですが現状は「2芯」です。

また、壁裏を通してある「ドレン配管(塩ビ管)」も見えます。
ここに、エアコン室内機のドレンを差し込みます。

また、左側には、冷媒管とTESガスエコアン特有の温水管(黒い方)も見えます。
温水管は使用しないので(撤去できないのでそのまま壁裏に残します)、封印処理しています。

下に垂れ下がっているのが、暖房時に温水ボイラーを動かすために使う信号線。
これを使って、2芯⇒3芯に改造していきます!
[PR]
by home-saving | 2013-11-14 17:11

TESガスエアコンの入替 1

先日施工したTESガスエコアン入替のレポートです。
このエアコン、なんと25年間使い続けられたものです!
25年前ですので、ヒートポンプの暖房機能が弱く、ガスを使った暖房を採用されたのでしょう。

現在は、ヒートポンプ暖房機能が発達し、TESガスエアコンは製造中止に…
単純なエアコン入替えとは違う、独自の技術・知識が必要になります。
さらに、こちらのお宅では、難しい問題が待ち受けていました。

入替前の室内機。コンセントがある室内電源タイプ
e0207151_13564099.jpg

隠蔽配管であることが分かります
e0207151_13573145.jpg

温水暖房用の系統がたくさんあります。撤去ではなく一部を残します
e0207151_135869.jpg


と、ここまではそれ程でもないのですが、問題は下の写真に見える、
室外機に繋がっている電源ケーブルが細いことなのです…
e0207151_1359225.jpg

[PR]
by home-saving | 2013-11-13 13:54

エアコンを運転すると、ブレーカーが落ちてしまうというご相談 3

こちらのお客様宅では、もちろんこの他にもエアコンをご利用です。
計10台近い室内機があります。これを全てセパレート、露出配管で取付けていると
壁面がものすごくゴチャゴチャし、建物の雰囲気を台無しにします。
このような場合、マルチエアコン&隠蔽配管が最大の効果を発揮します。

さて、今回入替えた他に、使用頻度の高いエアコンのクリーニングも行いました
e0207151_17432980.jpg

e0207151_1744031.jpg

e0207151_17435182.jpg

e0207151_17441482.jpg

内部がキレイになっています
e0207151_17443059.jpg


また、24時間換気システムのクリーニングも行っています。
(写真で伝えにくいです…)
e0207151_17452183.jpg

e0207151_17453470.jpg


これからエアコンの暖房を使用する頻度が高くなります。
冬場は空気が乾燥し、ホコリも舞いやすくなります。
エアコンが汚れていると、汚いカビやホコリが撒き散らされて、風邪の原因にも!

夏場に使ったままでしたら、エアコンのクリーニングはいかがでしょうか!
[PR]
by home-saving | 2013-11-11 17:47

エアコンを運転すると、ブレーカーが落ちてしまうというご相談 2

エアコンの電源には、以下の2種類があります
e0207151_17431845.jpg


一般的な家庭用エアコンは、室内機横にコンセントがある「室内電源」タイプ、
弊社で多く手掛けている「マルチエアコン」は、下の「室外電源」タイプです。

さて、今回のお客様ですが、
もともとは、「室外電源」タイプのエアコンが付いていました。
隠蔽配管ですし、コンセントがなく配線も隠れるのでスッキリします。

これが壊れたので、他店に相談したところ、こんなタイプのエアコンはない、ということで
「室内電源」タイプを持ってきたようです。
ここで問題は、電源を取るコンセントがないことです。
エアコンは消費電力が大きいため、分電盤から専用の配線を引くことが一般的です。
分電盤からエアコンの横まで、壁裏や天井裏、床下を配線することが困難だったのでしょう、
なんと、近くのコンセントから延長コードでエアコンの電源を取っていたのです!
しかも、その電源では電子レンジも使っており…

エアコンを使いながら電子レンジを使えば、おそらく「落ちる」でしょう。

見えづらいかもしれませんが、この室外機には2本の電源ケーブルが繋がっています
e0207151_17515898.jpg

1本は分電盤から、もう1本は室内機へ繋がっています。
ご自宅でお使いのエアコンが「室内電源」タイプであれば、
室外機にはケーブルは1本しか繋がっていない筈です。

かくして、無事「室外電源」タイプに入替えたことで、
すべての問題が解決できた、という事例です。

無事取付けた新しい室内機。コンセントがなくても動きます!
e0207151_1751479.jpg


空調に関しては、弊社までお気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2013-11-08 17:54

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧