<   2013年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

東芝 太陽光発電を取付中

10月の台風で着工が遅れていましたが、今日・明日の予定で、太陽光発電の取付です。
既に、SHARPの太陽光発電を取付けておられるお客様ですが、
空いている屋根に増設したいとのご希望。
発電量重視というご要望で、250w/枚の東芝製をご選択されました。

屋根の勾配が急なため、安全対策等の準備に相当時間を要しました。
墨出し、固定金具設置で屋根上の作業は終了になりました
e0207151_2310377.jpg

e0207151_23104766.jpg

既存のSHARPパワコンディショナー(右)と並べて、新しい東芝製パワコン(左)を取付。
いずれも室外設置用を選択しました
e0207151_23113594.jpg

[PR]
by home-saving | 2013-10-31 23:11

エアコンを運転すると、ブレーカーが落ちてしまうというご相談

日曜日に施工したお客様です。
「エアコンを運転している時に、電子レンジを使うと、ブレーカーが落ちてしまう」という
ご相談でした。

下の2枚の写真を見てください。

入替後
e0207151_17444827.jpg

取り外したエアコンの室内機
e0207151_17451527.jpg


この写真で、何を伝えたいかお分かりでしょうか?

答えは「コンセント」です! その種明かしは、次回に
[PR]
by home-saving | 2013-10-29 17:46

ガス給湯器の入替えをオススメしています

オール電化を検討している方には、関心がないかもしれませんが…

朝晩メッキリ冷え込むようになりました。
熱いお湯のありがたみを感じる今日この頃、給湯器も夏に比べて負荷がかかっています。

これから、ますます「故障」しやすくなる季節。
何度も書きましたが、不思議と土日祝日、年末年始に故障が集中します。

お湯の出が悪いな、と思われたらお気軽にご相談ください。

弊社では、11月いっぱいのご注文で、「10年延長保証」サービスを無償提供中!
本日も現調に伺い、今月末に入替える予定です。

この給湯器は、据付後15年が経過。
「平均寿命14年」というデータもあり、まさに「いつ壊れてもおかしくない時期」にきています
e0207151_21102980.jpg


メーカーは「10年超えたら何があってもおかしくない」と言っていますが、
20年近くもつものもあるし、10年未満でダメになるものもあり、
給湯器にも「個人差」がありますので、ご注意を!

もちろん、エコキュートへの入替えも承っておりますので、お気軽にご相談ください!
[PR]
by home-saving | 2013-10-28 21:13

天井埋込形エアコンの入替

先日、隠蔽配管ができない、と言われた業者にお願いして、露出配管にしたけれども
やっぱりイヤなので、隠蔽配管に戻したお客様宅をレポートしました。

その際に合わせて入替えた、天井埋込式と壁掛形のレポートです。

隠蔽配管であることが確認できます。
これが全て露出配管で、配管カバーがついていると、かなりうっとうしいです
e0207151_14391167.jpg

Before 天井埋込形
e0207151_14402758.jpg

After 天井埋込形
このような素敵なお部屋は、埋込形エアコンが最適です
e0207151_14405522.jpg

e0207151_14413525.jpg


壁掛形も替えました
Before
e0207151_1444478.jpg

After
e0207151_1445019.jpg


価値観・考え方が変わって、隠蔽配管にこだわりがなくなれば構いませんが、
エアコンを入替えても隠蔽配管を続けたい、とお考えでしたらお気軽にご相談ください。
隠蔽配管なんてやめて、壁に穴を開けましょう!と
セールスする業者は本当に多いそうですので、よく考えてみてください。

週末は、また別のケースでお困りになったお客様宅の解決に向かいます。
その様子は改めて!
[PR]
by home-saving | 2013-10-25 14:47

太陽光発電をご相談いただきましたが

久し振りの更新です。
ここのところ、とても忙しく、なかなか時間が取れませんでした。申し訳ありません。

本日より2日間、太陽光発電の施工の予定でしたが
折からの悪天候で、来週に延期となりました。

別のお客様から、太陽光発電を取付けたいとご相談を受け、一昨日現地調査を行いました。
ところが、屋根材が「T-ルーフ」という、取付NGのものでした
e0207151_14165287.jpg

e0207151_1417211.jpg

e0207151_14171436.jpg


このタイプの屋根では、メーカーは保証を与えないため、納品・仕入れ不可です。
つまり、施工ができない、お客様のご期待の添えない結果になってしまいました。

稀に、「メーカー保証は得られないけれど、当社なら施工はできる」というセールストークで
売り込んでいる輩(業者)がいるようです。
通常、このようなお宅にはメーカーは納品しないのです。

どこで、どうしているのか不明ですが、
仕入れて、取付けて、不具合がおきたら連絡がとれない…
結局「泣き寝入り」することになる…

こういう結果にならないように、業者選択はしっかりと行ってください!
[PR]
by home-saving | 2013-10-23 14:18

隠蔽配管はできないと言われた結果…2

前回の写真をもう一度
e0207151_18455228.jpg

左側が昔からあった「隠蔽配管仕様」の壁掛形室内機、
右側の窓に面している外壁についているのが、他店でとりつけた新しい室内機です。

隠蔽配管のエアコンの入替えができない施工店だったため、右側に取付け、
左側の古いものはそのままにしておいたようです。
露出配管ですから、この窓の裏側の外壁には冷媒管が這っています。
これが、やはりイヤだということで、隠蔽配管のほうのエアコンを入替え、
取り付けて1年近くしか経っていない右側のエアコンは撤去することにしたのです…

右側のエアコン用に開けてしまった穴は、このように塞ぐしかありません。
事前にお客様にもご説明申し上げ、ご了解をいただいております
e0207151_18505731.jpg


壁に穴を開ければ、カンタンに施工できますが、
一度穴を開けてしまうと、カンタンに元通りには戻りません。
跡形なく戻すには、それなりのコストがかかります。
外観の見栄えも悪くなります。

隠蔽配管を維持したいというご希望があるようでしたら、
隠蔽配管に対応した施工店にご依頼ください。どこでも対応できる、という訳ではないのです!
[PR]
by home-saving | 2013-10-16 18:53

隠蔽配管はできないと言われた結果…

まずはこちらの写真を見てください
e0207151_16274588.jpg


「隠蔽配管仕様の取付なんてできないですよ!」と、他店に説明され、
このような状況になったのです…
[PR]
by home-saving | 2013-10-15 16:29

太陽光発電を増設します!

5年半前に、SHARPの太陽光発電を設置いただいたお客様。
発電量を増やしたいということで、空いている屋根に増設することになりました。

設置済のSHARP製
e0207151_1664568.jpg

今度は、こちらの屋根に増設します
e0207151_167628.jpg

この屋根は北西方向に面しており、条件としてはよろしくないのですが、
それをご説明したうえで「発電しないわけではないのだから取付けたい」との
お客様のご要望にお応えいたします。今度は250w/枚の東芝製でシステムを組みます。

こちらのお宅の軒裏を確認してみました。
キレイに塗装してありますね、これも弊社で手掛けたものです
e0207151_1693964.jpg


現在、他のお客様宅を塗替え中ですが、よろしくない塗り方ですと
こうなってしまうことは、以前のレポートでもご紹介したとおりです…
e0207151_16113246.jpg


塗替えは、決して安いリフォームではありません。
太陽光発電も、決して安い商品ではありません。
値段だけで決めてはいけないリフォームの代表格と言えると思います!

安心いただける品質をご提供している弊社まで、お気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2013-10-10 16:14

内外装のリフォームを始めました 2

これは雨戸の木枠です
e0207151_17314396.jpg

このように腐っているところは、取り替えや補修などの作業が必要になります。
ここにペンキを塗っても意味がありません。

また、木部や鉄骨部など、既存のペンキを剥がさないと上手く上塗りできない箇所は
「ケレン」という、既存塗膜の剥離作業を行います。
地味な作業ですが、これを疎かにすると、「持ち」が断然短くなります
e0207151_1736148.jpg


ダメになっていた軒天も、ベニヤを上貼りして、通気口を設けています
e0207151_17375774.jpg

e0207151_1738723.jpg

e0207151_17411924.jpg

e0207151_17413023.jpg


かなり汚れていたり、傷んでいるお宅を、すぐに塗り替え始めたりする場合、
このような下準備が疎かになっている可能性があります。
また、傷んでいる部分の指摘もなく、「ただ塗る」だけのペンキ屋さんですと
確かにコストは安いかもしれませんが、またすぐダメになるでしょう・・・
[PR]
by home-saving | 2013-10-09 17:41

内外装のリフォームを始めました

先週から、内外装のリフォームを着工しています。
外壁・屋根の塗替え、雨戸の交換、建具の入替えなどが主な内容です。

単管足場を立てて高圧洗浄しました。外壁はキレイに見えますが…
e0207151_1551269.jpg

屋根は塗膜が剥がれ、このような状態に
e0207151_15514944.jpg

e0207151_1552147.jpg

軒天もこのように木材がダメになっています
e0207151_15531849.jpg

e0207151_15524583.jpg

これは、屋根の湿気が上手く抜けないことが大きな原因です。
屋根材を見てみると…
e0207151_155435100.jpg

e0207151_15544543.jpg

屋根材の間が塗料で覆われてしまっています。これでは湿気が抜けません。
タスペーサーという部材をはめ込んで、通気性を高めるようにしていきます。
また、この軒天は、このままではペンキを塗っても意味がないので、
新しいベニヤを貼って処置していきます。

このように、弊社の塗替えは単純にペンキを上塗りするだけではありません。
もちろんご説明後、ご了解をいただいてからの処置ですが、
このままにしていては長持ちしないところをしっかり点検し、処置いたします。
「ペンキ」だけの塗装店では、なかなか対応できないと思われます。

あちらこちらで、足場、養生シートに覆われたお宅を見かけます。
来年3月末までにお引き渡しをしないと、消費税率が8%になってしまいます。

戸建て住宅のメンテナンスのうち、家電品の買い替えと比べて、
塗替えは意外と高額です。ですので「3%」の違いは大きいのです!
[PR]
by home-saving | 2013-10-07 16:00

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧