<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

隠蔽配管仕様 2室マルチエアコン入替え

先週施工した、隠蔽配管仕様2室マルチエアコンの入替レポートです。
壁掛形と天井埋込形の2室マルチです。

古いマルチ室外機。隠蔽配管であることがわかります。
室外に出ている配管の長さが短く、継ぎ足して改修していきます
e0207151_9271951.jpg

e0207151_9273041.jpg

冷媒管の継ぎ足しには、フレアジョイントという部材を使います。
(既にキャンバステープで覆っています。この中にあります)
古いエアコンの場合、現在のものに比べ運転効率が劣るため、多量のガスが必要。
そこで、太い配管が必要となっています。
つまり、新しいエアコンで必要となる配管径より太いので、
「異径」のジョイントを使い、接続します。この異径フレアジョイントが意外と高価なのです
e0207151_9314299.jpg

冷媒管を強く折り曲げると破損、ガス漏れの原因になるので、
少し配管を長くしましたが、目立たないように室外機奥に収まるよう配慮しています
e0207151_9334269.jpg

壁掛形の室内機入替
e0207151_9341343.jpg

e0207151_9342719.jpg

天井埋込形の入替
e0207151_935203.jpg

e0207151_9353691.jpg

これから接続する冷媒管の端部が確認できます。
開口幅がそれほど大きくないので、狭い範囲で繊細・確実な施工が必要となります。
ここをしっかり処理していないと、ガス漏れ、運転不良の原因に!
e0207151_937715.jpg

この後、パネルを取り付けて完成
e0207151_9373132.jpg

これは、入替え以前のもの。このように仕上がります。パネルは白です。
これは「日焼け」して、茶色っぽくなっています
e0207151_9423990.jpg

ドレン排水処理も確認
e0207151_938176.jpg


まだ7月ですが、現時点でもかなりエアコンのメーカー在庫が少なくなっているものもあります。
8、9月と厳しい暑さが続く予報。
お盆休みは、メーカーが一斉休暇になるため、納品がストップしてしまいます。

おかしいな、と思われたらお早目のご相談を。
ご相談・お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にどうぞ!
[PR]
by home-saving | 2013-07-27 09:43

炎天下でも外壁・屋根塗装をお引き渡ししました

エアコンでバタバタの毎日ですが、外装塗替えも行っています。
先日、お引渡ししたお客様宅です。

Before
e0207151_18594578.jpg

e0207151_18595841.jpg

After
e0207151_1901655.jpg

e0207151_1902847.jpg


「明るくしたい」とのご要望で、お打合せした結果
グレー調からイエロー系へガラリと印象を変えました。

また、サイディングは弊社おすすめの「石吹き」工法としました。
ガラリと印象が変わります
e0207151_19103112.jpg

e0207151_1941888.jpg


先週の参議院選挙を受けて、来春の消費増税はどうなるのでしょうか?
予定通り8%に引き上げとなった場合、本年9月末までのご契約であれば、
増税以降のお引渡しであっても、現状の5%で大丈夫です。
値段の張るリフォームをご検討中のお客様は、
お早めのご相談、ご決定がよろしいかもしれません!
[PR]
by home-saving | 2013-07-26 19:11

エアコンは隠蔽配管で取り付けたい、というご要望 3

今回は、先行配管後からエアコン本体取付・完成までのレポートです。
「隠蔽配管」のメリットがお分かりいただけるでしょう。

先行配管した2か所とも、「壁フカシ」造作をお願いしていました。
e0207151_1531498.jpg

e0207151_1532536.jpg

このようにフカしてもらい、背板を取り付けていきます
e0207151_15325231.jpg

e0207151_15332026.jpg

あとは、通常の隠蔽配管エアコン取付と同様の施工です
e0207151_1534581.jpg

e0207151_15341436.jpg

e0207151_15524236.jpg

e0207151_1553368.jpg

e0207151_15531214.jpg

2室マルチからセパレートに変更したので、室外機は2台になりました
e0207151_1554238.jpg


エアコンのうち1台は、現在お使いのお宅から移設しました。
e0207151_16393649.jpg

失礼ですが、今回施工した隠蔽配管のほうが、明らかにスッキリしています。
この良さをご理解いただけたので、ご用命いただけたものと存じます。

やっぱり隠蔽配管は、良いです!!!
[PR]
by home-saving | 2013-07-25 16:40

エアコンは隠蔽配管で取り付けたい、というご要望 2

その名の通り、隠蔽配管は「配管を天井裏や壁裏、床下などに通し、見えなくする」配管方法です。
一般的には、新築時に壁や床を仕上げる前に配管しますので、
既築のお宅で隠蔽配管することは、壁や床などを解体しない限り、難しいと言わざるを得ません。

この度のお客様は、中古で購入した新居に備わっているフローリングも壁紙も気に入らず、
リフォームすることに決めていられたので、隠蔽配管で容易に施工が可能となりました。


左上に冷媒管とドレン管が来ていたことがわかります。
右側の壁に隠蔽配管でエアコンを取付けます
e0207151_15283282.jpg

配管する部分を開口しましたが、収納の裏側がきており配管スペースがありません…
e0207151_15304384.jpg

そこで、配管部分を確保できるように、壁をフカすことにしました
※フカす⇒壁を新しく手前側に造作し、配管スペースを確保する事
e0207151_15332533.jpg

ドレン管を途中で切断、付け加えて方向転換しています。
この時、勾配をしっかり取らないとドレン排水が流れなくなってしまいます…
e0207151_1535547.jpg

e0207151_15351527.jpg

e0207151_15352584.jpg

ドレン管の保温もしっかり行っています
e0207151_15443036.jpg

冷媒管再利用不可のエアコンでしたので、新規に配管しました。
(三菱、ダイキンは冷媒管再利用可能)
床下地が床スラブに固定されておらず、下地を容易に動かすことができましたが
固定されていたら、大変な施工でした… こればかりは、解体してみないとわかりません!
また、今回は2室マルチからセパレート(室内電源)に変更のため、
室内機取付位置にコンセントの増設が必要です。
それぞれの位置に分電盤から新規にケーブルを配線しています
e0207151_15361537.jpg

e0207151_15381973.jpg

下の写真は、浴室に繋がっている給湯・給水の配管です
e0207151_15411619.jpg

これらは隠蔽で配管するのに、なぜエアコンの冷媒管は隠蔽で配管しないのか?
この他、キッチンや洗面所に繋がっている給水配管や各部屋への電気ケーブルは、
よほどのことがない限り、途中で引き直さず使用し続けます。
隠蔽配管も同様で、よほどのことがない限り継続使用が可能です!


もう1か所のエアコン取付位置。この壁の裏は鉄骨の梁があるため配管スペースナシ、
先程と同様に、壁を「フカす」ことにしました
e0207151_154339100.jpg

e0207151_15434917.jpg

基本的に、エアコンは専用配線が必要。2台のセパレートエアコンですので、
2個のブレーカーが必要となり、それぞれ室内機横と配線しています。
これも床や壁が造作されれば、隠蔽になります
e0207151_15461749.jpg


いかがでしょうか。次回は、エアコン取付から仕上がりまでをご説明いたします
[PR]
by home-saving | 2013-07-24 15:51

エアコンは隠蔽配管で取り付けたい、というご要望

都心の一等地に、中古マンションをご購入されたお客様からのご相談。
いろいろとリフォームをした後に入居するけれども、
エアコンは隠蔽配管で取付けたい、とのご希望。
弊社は、エアコン部分を担当することになりました。

以前お住まいだった方は、2室マルチエアコンをご使用。
エアコン本体は、取り外してお持ちにになったようです…

室内機は、この2か所に取付けていたようです
e0207151_1518875.jpg

e0207151_15181926.jpg

マルチ室外機は、分電盤と直結するため、配線&冷媒管の先端が残っていました
e0207151_15185878.jpg


この状況から、マルチエアコンではなくセパレート2台、隠蔽配管で、という
リクエストにお応えしていきました!
[PR]
by home-saving | 2013-07-22 15:20

暑中お見舞い申し上げます

e0207151_1962642.jpg
e0207151_1963540.jpg

[PR]
by home-saving | 2013-07-19 19:06

三菱 隠蔽配管仕様壁掛形エアコン

昨日から都内の暑さは小休止といった感ですが、これも今日までのようです。
3連休中も、弊社はエアコンの入替えで大忙しでした。
今回のレポートは、隠蔽配管仕様の壁掛形エアコン入替です。
三菱 霧ヶ峰に入替えました。

Before
1995年製の日立製エアコン。18年間使用しました
e0207151_13175321.jpg

内部はこんなに汚れていました
e0207151_13182351.jpg

1時間もあれば完了する施工ですが、室外機が置台の上に置かれ、
ボルトが錆びており、緩めるのに一苦労・・・
e0207151_13192594.jpg

室内機も撤去。内壁(外壁に面していない壁)に取り付けられていることが分かります。
このように、場所を選ばずに設置できるのが隠蔽配管の強みの1つ!
e0207151_1321228.jpg

ドレン管(塩ビ管)が壁内を立ち上がっているのが確認できます。
これにエアコン本体に付いているドレンを差し込みます。
失敗すると、壁裏で水漏れ…
室内機の大きさが変更になるので、コンセントの位置も若干ずらして対応します
e0207151_13223789.jpg

e0207151_13224739.jpg

室内機の入替えが完了
e0207151_132339.jpg

室外機も入替が済み、真空引き中
e0207151_1323294.jpg

隣は、他店で施工したエアコン。隠蔽配管で対応できず壁に穴を貫通させています。
冷媒管もテープで巻いてあるだけなので、
やがて経年劣化でボロボロ・パリパリになってしまうでしょう…
隠蔽配管とどちらが良いか、比べてみてください。
e0207151_13265263.jpg


個々人の主観ですが、私どもは隠蔽配管の方がスッキリ仕上がり、
資産価値も高くなるものと確信しております!
「隠蔽配管なんて、やっているお宅はないですよ!」と他店で言われた、とお聞きすることが
多々あるのですが、決してそんなことはありません。
できないことの言い訳として、そのように伝えているのです!

隠蔽配管仕様のエアコンは、専門に対応している弊社までお気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2013-07-17 13:30

隠蔽配管仕様 三菱3室マルチエアコンの入替え

先週日曜日に施工した、3室マルチエアコンの入替えです。
旧Nationalから三菱へ入替えました。

既存壁掛形室内機を撤去
e0207151_2154311.jpg

e0207151_2141049.jpg

撤去した室内機の内部。カビやホコリで一杯。
これらが冷風とともに、室内に撒かれるのです…
e0207151_215933.jpg

e0207151_2152036.jpg

新しい室内機を3台取付けました。
電源線や冷媒管が全く見えないスッキリした仕上がりです
e0207151_2164736.jpg

e0207151_217140.jpg

e0207151_2171823.jpg

隠蔽配管で最も気をつけなければいけないのがドレン排水の水漏れ。
しっかり施工して、問題ない旨確認!
e0207151_2184321.jpg

室外機も入替えが終わり真空引き中。
この後スタッフぎっくり腰で、ここから抱えられ退場…
e0207151_2193669.jpg

エアコンの性能が上がっているので、同じ3室マルチでもサイズが小さくなっています
e0207151_21105045.jpg


今日もエアコンの施工をしていましたが、やや涼しく感じられました。
しかし、まだ7月前半が終わろうとしている段階。暑さはこれからが本番!

ただし、一部機種では品薄、欠品が始まっています…
おかしいな? と思われたら、お早目にご相談ください。
ご相談、お見積りは無料で承っております! 
[PR]
by home-saving | 2013-07-14 21:14

炎天下、外壁・屋根塗替えが進行中

先月末に着工した、外装塗替えの途中レポートです。

ボーンタイルとサイディングのコンビのお宅ですが、
ボーンタイルは弾性シリコン系塗料、サイディングは、吹付け工法で塗り替えています。

Before 全体的にグレートーンでした
e0207151_1641333.jpg

並んでいるエアコン室外機は、昨秋に弊社で入替えた隠蔽配管仕様のもの
e0207151_16422261.jpg

この中で作業中
e0207151_1715305.jpg

ボーンタイルの部分
e0207151_16435343.jpg

サイディングの部分は吹き付けで
e0207151_1646488.jpg

e0207151_16461991.jpg

サイディングで大切なコーキング部分もこのようにしっかりと補修されます
e0207151_1647519.jpg

e0207151_16472278.jpg

屋根はこのような感じでした
e0207151_16474535.jpg

現在はこのようになっていますが、まだ仕上がっていません
e0207151_16482230.jpg

e0207151_16481160.jpg

これを見てもらえればお分かりになるでしょう。まだ上塗りが残っています。
先程の時点は、中塗りが終わったところなのです
e0207151_16492698.jpg


弊社の塗装が、どれだけ丁寧なものかお分かりいただける証左でしょう。
塗替えをご予定されている場合、増税前の実施がオススメです。
お気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2013-07-10 16:55

エアコンが臭う…

この暑さで、今年の夏はじめて冷房を入れたところ、クーラーから不快な臭いが…
なんともカビ臭いというか、生ゴミの臭いというか、
とにかくこのままでは使えないというご相談。クリーニングで対応することにしました。

Before
e0207151_1640185.jpg

分解して洗浄します
e0207151_16403027.jpg

外側などは手洗いします。静電気でホコリがくっついているので真っ黒です
e0207151_16411651.jpg

中は、洗剤を使って洗浄していきます。
フィルターは各家庭でも洗浄できますが、これは一般家庭ではムズカシイです。
臭いやカビが溜まっているのは、フィルターのさらに奥、この内部です
e0207151_16414732.jpg

e0207151_16415650.jpg

中から排出されたカビやホコリを含んだ汚水
e0207151_1642497.jpg

フィンの奥が、カビひとつなくキレイになっています。
お宅のエアコンはいかがでしょうか? 
ここが汚れていると、この汚れが冷風に混じって、室内に吹かれるのです!
e0207151_16441493.jpg

After
e0207151_16442593.jpg


「フィルター自動掃除機能」のついたエアコンが一般的になっていますが、
このタイプのクリーニングは、相当割高になるかむずかしくてNGの場合があります。
フィルターを掃除することは、しないよりは良いのですが、
カビやホコリを含まないきれいな冷風(温風)を享受するには、
フィルターの掃除だけでは不充分なのです。

「フィルターを掃除すれば、汚れ対策は万事OK」というのは、誤解だと思います!
[PR]
by home-saving | 2013-07-09 16:48

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧