<   2013年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

エアコン 隠蔽配管のメリット

弊社のエアコン取付は「隠蔽配管」がほとんどです。
「隠蔽」というと、一般的にはマイナスの印象を与える言葉ですが、
エアコンについては、まったくそのようなことはありません。

例えば、オフィスビルを思い浮かべてください。
各エアコンに繋がる冷媒管は、露出配管されていますか?
いや、まったく見えませんね。これが隠蔽配管です。
戸建住宅の場合、水道管やガス管、電気ケーブルはどのようになっていますか?
ほとんどが天井裏や床下、壁裏に隠蔽で配管・配線されていますね。
では、なぜエアコンの冷媒管だけ露出するのでしょうか?

家庭用エアコンで露出配管の場合、ほとんどの場合でエアコン入替と合わせて
冷媒管の交換もするようですが、隠蔽配管ですと、まず交換しません。
合わせてドレン管も、露出の場合、紫外線の影響で劣化が進んでしまい
数年でボロボロになり、美観を大きく損なっているケースを良く見かけます。

○建物の外観をスッキリできる
○自由に配管できるので、室外機・室内機の取付位置を制限されない
○外壁を開口しなくて済むことも美観を損なわないことに繋がる
○エアコン入替えの度に配管工事が不要

隠蔽配管のケーススタディ
e0207151_16102751.jpg

e0207151_16115177.jpg

e0207151_1612113.jpg


このようなメリットがある隠蔽配管。
せっかく新築の際に隠蔽配管で施工したのに、
入替えの際に「壁に穴を開けてしまいましょう。その方がカンタンに施工できます!」
と、言われ露出配管にしてしまうケースが良くあります。

それでも構わない、というのであれば別ですが、
一度穴を開けた壁は、建替えをしない限り二度と戻りません。

隠蔽配管施工を得意とする弊社に、お気軽にご相談いただきたいものです。
ご相談、お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にどうぞ!
[PR]
by home-saving | 2013-03-30 16:13

平成25年度 横浜市太陽光発電補助金制度概要

本日、横浜市の平成25年度太陽光発電補助金制度概要の説明会に参加しました。

いろいろと制限があり、平成24年度とは大きく変わっています。
簡単にまとめると
○設置容量3.5kw未満の新設システムが補助対象で、一律5万円。
○太陽光発電の設置のみの場合、神奈川県の補助はナシ


となります。

神奈川県の補助は、HEMSにシフトします。
横浜市も、HEMSを導入し、「省エネ実験」に協力すると、別途補助金が出ます。
※東京都も同様の動きにシフトします。

ソーラーバンクシステムを立ち上げ、太陽光発電の普及に尽力してきた神奈川県の方針が
HEMSにシフトした印象を強く感じます。
県職員の発言では「HEMSへの補助を設けることで、統計数値を取ることが目的」との
発言もありました。

裏を返せば、
○太陽光発電は補助金に依存しなくとも安価な設備になっている、
(確かに、エコキュートやエコジョーズの補助金がかつてあった!)
○貴重な財源を、「太陽光発電の次のステージ」に活かす研究に充てたい、
ということでしょう。

固定価格買い取り制度があるし、設備・施工費が安くなっているのだから
短い期間で元が取れるはずだ! と考えているのでしょう。

国の補助金制度も縮小しています。
「再生可能エネルギー普及」に逆行している動きのように感じてしまうのですが、
皆様はいかがお感じでしょうか?

弊社では、補助金の恩恵がなくても
充分に魅力的な価格と高品質の施工をご提供してまいります。
お気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2013-03-29 19:15

太陽光発電設置、屋根・外壁の塗替えが完了(青梅市)

一昨日、太陽光発電が連携(発電/売電)を開始し、
3/8に着工した塗替えと合わせて完工しました。

Before
e0207151_17563735.jpg

e0207151_17565515.jpg

e0207151_17565734.jpg

After
e0207151_17574046.jpg

e0207151_1757526.jpg

e0207151_17581061.jpg

e0207151_17581160.jpg


サイディングが、太陽光パネルを載せて、このようにキレイになりました。
お施主様からは「新築みたいだ!」と最大限のお褒めの言葉をいただきました!

東京都の太陽光発電補助金は、今年度末までkwあたり10万円。
こちらのお宅は6.99kwなので69.9万円!
(来年はkwあたり2万円。しかも太陽光単独では補助金不可の予定!)
何かトラブルがあって、書類が都庁に届かないとシャレにならないので、
本日、直接持ち込みました!
[PR]
by home-saving | 2013-03-27 18:04

サイディング塗替えの1工法

前回、サイディングの塗替えをご紹介しました。
サイディングには珍しく、石材調に仕上げる吹き付け工法です。
モルタルの「リシン」に近い仕上がりです。

このように吹き付けていきます
e0207151_8571656.jpg

e0207151_8572937.jpg

養生シート上に飛んだ塗料で、石状が確認できます
e0207151_911134.jpg


外壁は、一般的にローラーでペンキを塗っていきますが、
この吹付け工法は、同じ時間で塗布できるスペースが限られるため、
手間はかかりますが、仕上がりはこれまでのサイディングと比べてガラッと変わり
高級感も演出できます。
これも、コストがかさみますが、目地部分をシールして塗り分けすることも可能です。

1回吹き付けですと、下地が完全に覆えず塗膜も薄いため
2回吹き付けで施工します(中塗り・上塗りと同様の考え方)。

このような感じに、印象がガラリと変わります
Before
e0207151_94061.jpg

After
e0207151_933240.jpg


経年すると、サイディングのPoor感はどうしても否めません。
このような塗替えも、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか!
[PR]
by home-saving | 2013-03-25 09:05

太陽光発電取付と並行して外壁の塗替え(青梅市)

太陽光発電の取付は、前回までにレポートしました。
今回からは、並行して施工した外壁・屋根の塗替えです。

太陽光発電のメーカーが推奨するのは、新築あるいは築後4-5年程度の
屋根への取付であることは、以前にご案内しました。
こちらのお宅は、新築後15年ほどが経過しており、
太陽光パネル設置前には屋根を塗り替えることが必要である旨ご説明し、
その際に足場を設けるため、合わせて外壁も塗り替えようということになりました。
※足場のコストは意外とかかります

外壁はサイディングですが、塗替えに際して
石材調に仕上げる吹付け工法をご選択いただきました。
仕上がりは、これまでのサイディングのイメージが大きく変わります。

毎度指摘する繋ぎ目のコーキングの痩せ(劣化)
サイディングの塗替えでは、ここの補修がもっとも大切であると考えます
e0207151_13302812.jpg

高圧洗浄後にコーキングを打ち増しして
(劣化のひどい部分は剥離した後に打ち込み)
e0207151_13314926.jpg

これが塗装後のコーキング部分。中央の縦の目地部分です。わかりますか?
e0207151_13331526.jpg


いかがでしょうか、最後の写真だけを見ると
これがサイディングであったことは、なかなか想像しにくいと思います。

どのようにして仕上げていくか、これは次回にレポート致します。

来年4月に予定されている消費増税まで、あと1年程となりました。
増税が本決まりとなると、駆け込み需要が予想されます。
本年10月以降のご契約は、お引き渡しが来年4月以降になると
増税前のご契約であっても、消費税率は8%が適用されてしまいます。ご存知でしたか?
塗替えや大きなリフォームをご計画中でしたら、本年9月末までのご契約が有利です。
お早目にご検討、ご相談ください!

[PR]
by home-saving | 2013-03-23 13:39

Panasonic 太陽光発電6.99kw取付完了その2(青梅市)

架台の固定が終わると、パネルの取付けはもうすぐです。

その前に、化粧カバーを取付けます
e0207151_18134273.jpg

屋根の傾斜が急であること、ペンキを塗って間もないため滑りやすいことから
慎重を期して取付けていきます
e0207151_18155878.jpg

e0207151_1816837.jpg

朝の8時から作業をしていますが、パネル取付完了時は17:00過ぎです。
3月になり、日が長くなったので間に合いました!

後日、明るいところで再撮影しました
e0207151_18224399.jpg

e0207151_182257100.jpg


次回は、先行して行った塗替えの様子をレポートします。
これが、とっても良い出来栄えです!
[PR]
by home-saving | 2013-03-21 18:24

Panasonic 太陽光発電6.99kw取付完了その1(青梅市)

屋根の塗替えを先行して施工していたお客様宅。
先週末に、太陽光発電の取付けを行いました。

墨出しをして、固定金具を置いていきます
e0207151_1822518.jpg

e0207151_1825069.jpg

屋根に穴を開けてビス打ち。その後コーキング処理。
コレをしっかりしないと雨漏りの原因に!
e0207151_1842685.jpg

架台を取付。今回はパネルを5段に設置しますが、
架台は4段仕様が最大のため、4段+1段の架台を取り付けます
e0207151_1893320.jpg

架台の高さを揃えています。ここをルーズにすると、パネルがキレイに並びません
e0207151_18103761.jpg

高さが揃うと、架台と固定金具をビス固定していきます
e0207151_18113829.jpg

e0207151_18114834.jpg


地味な作業ですが、ここまでが大切で時間もかかります。
パネルの取付は、全体のうちほんの僅かな時間です!
[PR]
by home-saving | 2013-03-19 18:13

既築に太陽光パネルを取付ける時、屋根の劣化はどこまで許容できる?(青梅市)

先日、レポートした太陽光発電前に塗替えを先行しているお客様宅。

塗替えの中でも、太陽光パネルを取付けるために、
屋根を先行して塗装しました。
e0207151_11173525.jpg

塗替え前と塗替え後の違いが分かります
(左奥がまだ塗り替えていない屋根。パネルを設置しないので後工程に)
e0207151_11183773.jpg


売電メーターや接続箱などを外壁に取付ける関係上、
一部関係のある箇所の外壁の塗替えも先行実施しています。
e0207151_11274485.jpg

もともとはサイディングの外壁ですが、ガラッとイメージが変わる工法を選択しました。
こちらの詳細は、改めて別の機会に。

ところで、既築住宅に太陽光パネルを取付る場合、
屋根の劣化は、どの程度まで許容されるのでしょうか?
具体的な基準を、メーカーは明文化していません。販売・施工店マターになっています。
しかし一般的には、新築 or リフォーム後4-5年程度の屋根に取り付けるように、と
指導され」ています。

こちらのお客様宅は新築後15年経過しており
太陽光パネル取付前に、屋根のリフォーム(今回は塗替え)が必要と判断・ご説明し
了承をいただいております。

屋根のリフォームのもう1つの方法である「葺き替え」を、今月実施しております。
こちらは、別の機会にレポートすることにします。
[PR]
by home-saving | 2013-03-18 11:31

平成25年度の太陽光発電 政府(J-PEC)補助金

現在は
1kWあたりのシステム価格が47.5万円以下の場合は3.5万円/kW、
55.0万円以下の場合は3.0万円/kWとなっている、政府(J-PEC)の補助金。

来年度は
1kWあたりのシステム価格が41万円以下の場合は2.0万円/kW、
50.0万円以下の場合は1.5万円/kWとなることが確定しました。

なお、受付は4月17日開始の予定です。
[PR]
by home-saving | 2013-03-15 12:54

計画はお早目に (消費増税と施工時期の関係)

来年4月に予定されている5%から8%への消費増税。
どうせ買い替えるorリフォームするなら増税前に! と考えておられる方も多いでしょうが、
1つ留意することがあります。

本年2013年9月末までのご契約であれば、
完工時期に関わらず消費税率は5%が適用されますが
本年10月以降のご契約の場合であっても
完工が2014年4月1日を過ぎると
8%の消費税率になってしまいます…

(2014年3月末までに完工すれば、もちろん5%です)

間際になると依頼が殺到し、職人の手配がつかずお待ちいただいたり
(従って4/1以降のお引渡しになる可能性も)
例えば、エアコンや太陽光発電の部材の手配が間に合わないことも想定されます

※現在も太陽光発電では、42円/kwの固定価格買取に間に合わせるため注文が殺到、
  年度内に納品できないメーカーもあるようです。
  弊社も、仕入れ先から納期遅延の連絡がきたものの、なんとか間に合わせました!
  これまでの納入実績により、優遇して貰えたようです…

ご検討中であれば
早めのご相談、ご予約を
オススメいたします!!!

[PR]
by home-saving | 2013-03-13 18:09

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧