<   2012年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Panasonic太陽光発電4.893kw2日目-2(横浜市)

前回のレポートの続きです。
今回は4系統21枚のパネルを取付けています。

接続箱内部
e0207151_173973.jpg

4系統のうち、1系統はパネル3枚で構成しているため、昇圧が必要です。
この接続箱は昇圧機能が有り、上記の系統をこの昇圧有の回路に正しく繋ぎます。

昇圧が必要な系統
e0207151_1871485.jpg

屋根から4系統のケーブルが、このカバー内を通って接続箱まで繋がります。
前回レポートのとおり、この部分は外壁の色に合わせて白いカバーです
e0207151_17414450.jpg


接続箱取付前。外壁から出ているケーブルの反対側が、
天井裏を配線されてパワーコンディショナーと繋がります。
見えている方の先端は、接続箱と繋がります
e0207151_17433720.jpg

屋根ではパネルを取付中。パネルがズレていないかしっかり確認。
もちろん、架台取付時に相当細かく位置決め(墨出し)をしているので、
大きくズレませんが、念には念を入れています
e0207151_17474494.jpg

パネル取付と合わせて、各系統の配線を繋ぎます。
間違えて配線すると、発電しなかったり発電効率が悪くなるので、ここも気を使います
e0207151_17491523.jpg

架台にパネルを固定する金具。これのみで強い風にも耐えるのです。
ですから、ミスなくしっかり固定します
e0207151_17502252.jpg

e0207151_17503152.jpg

パネルを仮留め中。一気に強く締めず、前述通りずれがないか確認します
e0207151_17521891.jpg

これも仮留め。このように軒側にも作業・メンテナンススペースが必要なため、
軒ギリギリにパネルをレイアウトすることはできません。
これをOKしていたら、その業者はいい加減と思って下さい
e0207151_17534053.jpg

最後は工具を使って、しっかりと本締め
e0207151_1754838.jpg

このようにパネルが取付けられました
e0207151_182249.jpg
e0207151_1823231.jpg
e0207151_1824736.jpg


2日間の工程を、全4回にわたってレポートしました。
いかがでしたでしょうか。弊社の丁寧な施工をお認めいただければ幸いです。

いよいよ明日9/1から東京電力の電気料金が値上がりとなります。
節電はもはや「あたり前」ですが、気兼ねなく電気を使いたいというニーズや
環境に貢献したい、あるいは「東電から電気を買いたくない!」という方も
いらっしゃるでしょう。
ぜひ、太陽光発電にご興味を持たれた方は、お気軽に弊社までご相談下さい。
[PR]
by home-saving | 2012-08-31 18:10

Panasonic太陽光発電4.893kw 2日目-1(横浜市)

昨日施工を終了した、Panasonicの太陽光発電4.893kw。
今回は、2日目の施工の様子をレポートします。

前日屋根に取り付けた架台に、まず軒カバーを取付け
e0207151_2173850.jpg

一方、地上ではパネルと接続箱を繋ぐケーブルの準備です。
ところで、黒と白の2色のカバーを使っているのには、理由があるのですが
お分かりになりますか?
e0207151_2191715.jpg

e0207151_2193445.jpg

そのケーブルが屋根上に運ばれてきました。
今回のシステムは、4系統(4並列)あるので、それぞれの系統別に束ねています
e0207151_21111599.jpg

4つの系統をカバーで1つにまとめ、接続箱のある下へ落としています
e0207151_21135258.jpg

ここで、黒と白のカバーを使っている理由が分かったと思います。
屋根上にくる部分は黒、外壁に添う部分は白がくるように計算していたのです。
このようなカバーは、極力目立たないようにしたいもの。
ですので「背景」に色を揃えていました。「屋根上は見えない」ところですが、
このような細かい所まで配慮して施工しています!
施工終了後は、このようになっています
e0207151_21173041.jpg

e0207151_21174394.jpg

屋根上にくるカバー先端は、雨水が入り込まないようにしっかりコーキングして防水処理を
e0207151_2118352.jpg


太陽光発電の施工、というとこのようなパネル取付けのイメージでしょうが、
e0207151_21201339.jpg

e0207151_21233019.jpg

ここまでの下準備が大変で、もっとも大切なのです!

2日目のレポートも、随分長くなってしまったので、残りは次回にしますが、
ここまででも充分に、弊社の丁寧な仕事ぶりがご理解いただけたものと思料しますが
いかがですか?
[PR]
by home-saving | 2012-08-30 21:32

Panasonic太陽光発電4.893kw1日目-2(横浜市)

今日で無事施工完了していますが、丁寧にレポートしたいので
昨日の様子のvol2 を。

本日このように終了しています
e0207151_19345953.jpg


昨日は、屋根で架台の取付のほか、パワコン(パワーコンディショナー)周りの
作業をしています。
パワコンは分電盤横に取り付けることが一般的です。
洗面室に分電盤があることが多いのですが、こちらのお客様宅はキッチンにあります。
極力、壁裏などに隠蔽で配線したいので、天井点検口を設けました。

天井点検口用に開口して配線しているところ。丸穴はダウンライトを外した穴
e0207151_19595947.jpg

分電盤とパワコン。パワコン下にケーブルの先端が見えます。
e0207151_2002641.jpg

もう一方の先端が、点検口から降りているケーブルですが、これは天井裏を通し、
壁に穴を開けて外壁に固定する接続箱に配線します。
よって、室内に新たな配線が見えることはありません。

このように仕上がります
e0207151_202091.jpg

こういう細かい作業をしっかりと配慮することで、意外と時間がかかるのです。

今回は、屋根の葺き替えなども行うスタッフとともに施工しました。
このスタッフのところには、「他店で」太陽光発電を取り付けた施主様が、
雨漏りがしたのでその施工店に修理を依頼したところ、その施工店と連絡が取れないため
メーカーに対応を依頼。そのメーカーからの依頼で、修理に出向くことも多々あるそうです。
※弊社が施工差し上げたお客様ではありません!

その場合、パネルを外して確認するのですが、
コーキングなどの雨漏り対策が充分されていないことが、呆れるほど多いとのこと。
確かに、屋根の上ですからお客様が直接確認することはまずムリですから、
手を抜こうとすればいくらでもできてしまうのです…

弊社は決してそのようないい加減・適当な施工をすることはありません。
このブログ・レポートに目を通していただければ、施工品質がお分かりいただける筈です。
いい加減な施工をしていれば、このように「公表」できませんから。

屋根に登ると、近隣で太陽光発電を取付けているお宅が散見されました

傾斜屋根(瓦)
e0207151_19563189.jpg

陸屋根
e0207151_19574253.jpg


弊社は、あらゆる屋根材の施工を承っております。
太陽光発電のご相談は、確かな品質と低コストの弊社までお気軽にどうぞ。
[PR]
by home-saving | 2012-08-29 20:08

Panasonic 太陽光発電4.893kw取付1日目(横浜市)

233wパネルが21枚、計4.893kwのPanasonic太陽光発電の取付です。
あまりの暑さのため、施主様より2日間の施工期間をいただきました。
今日は、パワーコンディショナーと架台の取付がメインです。

(いきなり)近隣のお宅の屋根
e0207151_2093014.jpg

このような塗膜が劣化した(剥げた)屋根に取り付けると、雨漏りの危険性が高くなることや
パネル取付後の塗替えが難しいので、
このような場合には弊社では塗り替え後の施工をお勧めしています。
(もちろん弊社で塗り替えます)

お客様宅の屋根は劣化していないので、このまま施工します
e0207151_20111521.jpg

e0207151_20113290.jpg

架台を取り付ける位置を墨出し(位置決め)しています
固定ビスが屋根の下地材にしっかり固定できるように、この位置決めは重要です。
(不十分な固定で、台風の時にパネルが飛んでしまった!なんてことがあるそうです。。。)
メーカーのシステムで作成するレイアウト図は、上記事項をカウントしていないので
屋根上でのこの作業がとても重要です
e0207151_20154385.jpg
e0207151_20154855.jpg
e0207151_20155625.jpg
e0207151_2016157.jpg

墨出しに合わせて、屋根に穴を開け、架台を取り付けるベースを取り付けます。
(写真はベースの上に架台を仮止めしたあとのもの)
写真の上が軒側(上に向かって傾斜しています)ですので、
軒側にはコーキング材を打ちません(雨水が溜まらず流れ落ちるようにしています)
e0207151_20194087.jpg

一方で、ビス周りから雨水が侵入しないように、四方すべてにコーキング材を打ちます
e0207151_20204563.jpg

この作業を行った後に、架台をとりつけていきます。
仮止めをしているところ
e0207151_2022176.jpg

その後、同じ屋根面の架台の高さ(位置)を揃えます。これを適当に行うと、
パネルを取り付けたときに段差が生じてしまい、キレイにレイアウトできません
e0207151_20241220.jpg

e0207151_20242572.jpg

e0207151_20243988.jpg

工具を使ってしっかり固定した後、ビスを打ち込んでさらに固定していきます
e0207151_20261531.jpg


実は、太陽光パネルを取り付ける作業はそれ程大変ではないのです。
その前段階が、地味ですが最も大変で、時間もかかるのです。
このレポートだけで随分なボリュームですので、
パワコン以降は次回のレポートに致します。
[PR]
by home-saving | 2012-08-28 20:33

ヤマハリビングテックのキッチンBerry を施工費無料でご提供!

汚れ、傷、熱、衝撃に強く、安心して使える人造大理石が好評の
ヤマハリビンクテックのキッチン。
その中でも、もっとも好評を博しているのがベリー(Berry)です。
e0207151_17265246.jpg


弊社では、日頃の皆様のご愛顧に感謝して
年内ご契約のお客様すべてに、
施工費を無料でご提供いたします。
 ※

背面等に設置するカップボードの施工費も、もちろん無料!
施工費は、最も標準的な壁付I型(幅2550mm)で、定価で111,000円(税別)、
人気のアイランド型(幅2550mm)で180,000円(同)と、意外とバカになりません。
この分をグレードアップや、コストダウンに充ててください!
e0207151_1727773.jpg

e0207151_1734669.jpg


まずはお気軽にご相談、資料請求からどうぞ!
TEL:042-676-1915
E-Mail:contact@home-saving.com

※首都圏のお客様限定のサービスです。
  施工費には、既存キッチン解体、給排水改修、調理器具・食洗機・換気扇接続も含みます。
  ただし、解体後に既存床の補強が必要と判明した場合の補強費と
  ガスコンロからIHへの切り替えに伴う、新たな電気工事(ブレーカー増設・電気配線等)は
  お見積りの上、別途費用となります。 
[PR]
by home-saving | 2012-08-27 17:40

電動シャッターリフォームのご用命(横浜市)

先日よりお打合せを進めていた「電動シャッターへのリフォーム」を
正式にご用命いただきました。

毎日の雨戸の開閉がボタン一つでOKと、とってもラクになります。
シャッターを全閉しても、上部だけをスリット状態にして
通風・採光を得ることができるので、とっても使い勝手が良いのが特徴です。

通風・採光のイメージ
e0207151_9135565.jpg


また、安全面も充分配慮されており
障害物検知装置の標準装備で、身体や大事なものをはさみ込んでしまう
危険から排除されています。

最近の新築住宅では、シャッターが一般的になってきています。
雨戸が傷んできた、などリフォームをご検討の方は、
シャッター、しかも電動をご検討されてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by home-saving | 2012-08-25 09:15

隠蔽配管仕様 2室マルチエアコンの入替(東京都武蔵野市)

今日は、2室マルチエアコンの入替えです。
今月初めにご注文をいただいておりましたが、
当該エアコンが品薄のため、本日の施工となりました。

壊れてしまったわけではないので、
この猛暑の中でも「冷房が使えない」という最悪の事態は避けられました!
※このような事態に遭遇されませんよう、お早めのご相談をオススメします!

古い室外機の撤去作業中。
冷媒管などは再利用するので、古い室外機から外しています
e0207151_18284195.jpg

室外機撤去完了。中央に見えるのがドレン排水管です
e0207151_18292097.jpg

新しい室外機の取付完了。2本の冷媒管(2室分)が雨樋横に確認できます
床下にネズミや害虫が入らないように、挿入部はパテでしっかり埋めています
e0207151_18314919.jpg

入替前の室内機。家具など移動できるものは移動、移動が難しいものは養生
この作業に意外と時間がかかることがあります
隠蔽配管・マルチエアコンですので、コンセントや冷媒管がなくスッキリした印象
e0207151_18335068.jpg
e0207151_18335672.jpg

入替え後。フィルター自動掃除機能が内蔵されているタイプですので
古い室内機より、やや厚みがあります
e0207151_18353861.jpg

e0207151_18355184.jpg


メーカーによれば、フィルターの掃除は「10年に1回」で良いそうです。
この機能がないエアコンをお使いの場合、1か月に1~2回のフィルター清掃が
推奨されています。

お客様が技術系出身のため、省エネ効果などを詳しくご説明差し上げました。
電気料金値上げが目前となりましたが、
節電効果が大きいので、安心して使える!
 
と喜んでおられました。

マルチエアコンなど、一部品薄のものもございます。
すぐに入替えられない可能性もありますので、
故障してからではなく、お早目のご相談をオススメします。

[PR]
by home-saving | 2012-08-22 18:43

TES式エアコンの入替えと床暖房

猛烈な残暑の中で、暖房の話もヘンですが
数年前まで、ガスの特性を活かした暖房能力に優れるTES(東京ガス)式エアコンと
いうものがありました。
もちろん、現在でもご利用のお客様は大勢いらっしゃいますが
「寿命」を迎えつつあるものが多いようで、
弊社では、お盆休み期間中に入替えのご相談を複数頂戴しました。

TES式エアコンの室外機(左)。これにガス管が繋がっており
ガスで作った温水を暖房時に利用します。暖かい!
e0207151_17424213.jpg

TES式エアコンの室内機。通常のモノと見た目は全く一緒です。
コンセントは、暖房運転時にファンを回すためだけに使用。室外電源仕様です
e0207151_17463136.jpg


TES式エアコンの多くが隠蔽配管やマルチ仕様のため、簡単には入替ができません。
そこで、このような特殊なエアコンを得意とする弊社にご相談をいただいております。

現在は、ヒートポンプ機能(一般的なエアコンの冷暖房機能)が進歩し、
暖房での使用も遜色なくなりました。

ですが、何と言っても快適な暖房は「床暖房!」
エアコンの室外機と床暖房の熱源機を共用できるものもあります。

エアコンの入替えと合わせて、床暖房をご検討されてみてはいかがでしょうか?
ご興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2012-08-21 17:50

東京電力の値上げまで、あと約10日…

どのようにしてエネルギー利用を効率化するかを考えること、ご提案することは
このようなビジネスをしている者にとって、非常に重要と考えます。

「電気=悪」と言っているのではなく、
「電気をはじめとしたエネルギーと、賢く付き合う事(これを「スマート」と言います)が
大切」とのスタンスです。
したがって、「ピーク時間帯を外した」深夜の安い深夜電力を賢く使うエコキュートは
エネルギーの効率的利用に資する製品だと考えます。
(特にLPガスをご利用のお客様は、そのメリットが大きいです!)

さて、東京電力の家庭向け電気料金値上げまで、あと10日程となりました。
新聞などでは、基本契約見直しに関する記事が多く見受けられます。
拙宅でも、基本契約を見直しました。

ブレーカー入替を伴う契約変更は、東京電力マターですので
先日手続きをして、作業を行ってもらいました。

ブレーカー入替作業
e0207151_11133844.jpg

作業も10分ほどで終了し、とてもカンタンです。
施工にいらした方にお聞きすると、値上げ前に同様の依頼が相当多くなっているとのこと。
ご希望の方は、お早目のお手続きをオススメします。
[PR]
by home-saving | 2012-08-20 11:18

Panasonic 太陽光発電HITのご契約をいただきました(海老名市)

かねてより商談進めていたお客様と、Panasonic太陽光発電4.89kwのご契約を
締結いたしました。

パネルレイアウト
e0207151_9163131.jpg


お盆休み中でしたが、お客様もお盆休み中のため時間が取れるとのことで、
お伺いいたしました。

9月からは、(不本意ながら)東京電力の利用料金が上がります。
高くなった電気代を支払い続けることと、
自然の太陽光を利用して気兼ねなく電気を利用すること、
さらに、余剰分を売電して支払料金と相殺する(あるいはそれ以上の売電収入を得る)こと、
どちらを優先するかです。

こちらのお客様は、ローンをご利用になりましたので、初期負担はほとんどありません。
太陽光発電による自家発電分(その分東京電力からの電気購入代が減る)と
余剰電力の売電収入で、月々のローン返済も実質相当軽減されます。

まずは、シミュレーションから、お気軽にご相談ください!
[PR]
by home-saving | 2012-08-19 09:24

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧