<   2012年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

高気密住宅のお客様から(横浜市)

現在では一般的になった高気密住宅。
換気機能を制御するため、後からむやみに壁に穴を開けることは
オススメできません。

こちらのお客様は、天井埋込の2室マルチエアコンを、
リビングとダイニングに設置され、
とても上質な住空間を演出されています。
e0207151_8353033.jpg

全館換気システムの換気口
e0207151_8411023.jpg


この天井埋込エアコンの調子が悪く、入替えをご検討されていました。
他店では、壁に穴を変えて壁掛形を新たに取り付ければ? と
提案を受けていたそうですが、
お客様は高気密住宅の特性を理解されており、その提案はNGだなと
思案されておられる時に、弊社にご相談いただきました。
その他店では、天井埋込エアコンの取付に消極的でしたが
これは当社の得意とするところ!

日程調整の結果、来週末に施工させていただくことになりました。
埋め込み式、隠蔽配管仕様、高気密住宅にお住いのお客様、
むやみやたらに、壁に穴を開ける前に、よく考えてください。
一度開けると二度と戻りません!

入替える2室マルチ室外機。約14年前のものですので
省エネ効果も期待できます!
e0207151_8402434.jpg

[PR]
by home-saving | 2012-06-29 08:41

マルチエアコンの入替 等 その2(東京都町田市)

先週土曜日、今週月曜日と2日間に渡って施工したエアコンの入替え。
今回はレポートその2です。

まずは下の写真の右下を見てください。
エアコンの室内機にしてはちょっと形が見慣れないですよね
e0207151_18505337.jpg

これに貼付されているラベルのアップがこちら
e0207151_18514413.jpg

メインが石油(灯油)式ストーブで、冷房(ヒートポンプ式)も付いているというタイプです。
先日レポートしたものは、この暖房をガス温水式で行うものでした。
「暖房重視」のお客様ですので、新築時にこのようなご提案をさせていただきました。
ヒートポンプ機能が向上しているので、通常のエアコンでも充分な暖房能力を
得られるようになり、このような製品は製造中止になっています。
今回は、やはり暖房能力が強力な「三菱 ズバ暖霧が峰」をご採用いただきました。
e0207151_18565935.jpg

室内機はこれまで同様に床置形です。
e0207151_190722.jpg

2世帯住宅にそれぞれ1台ありますので、ズバ暖が2台です。
奥に撤去した冷房装置付石油式ストーブ用の灯油タンクがあったのですが、
これも撤去して、周囲がスッキリしました。
e0207151_1904653.jpg

e0207151_1904678.jpg


このように、古いタイプの空調設備を入れ替える場合、
どのような設備に置き換えることができるのか、ご提案・ご回答できない業者が多いです。
あらゆる空調設備に精通している弊社であれば、余程でない限り対応可能です。
単純な壁掛形エアコンであれば、量販店でもOKですが、
このような複雑なもの、エアコン入替えと同時に床暖房を新規導入したいなど、
ムズカシイかな? と思われる案件ほどウェルカムです。
お気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2012-06-27 19:05

マルチエアコンの入替 等 その1(東京都町田市)

まずは、入替後の室外機を見てください。
この2台の室外機で、5台の室内機をコントロールしています。
しかも隠蔽配管!
これが全てセパレートで、露出配管(キャンバステープ巻orダクトカバー)だったら…
スペースも取りますし、外壁もゴチャゴチャします。
マルチエアコンのメリットはここにあります
e0207151_18535158.jpg

これが3室マルチエアコン室外機の内側。
上の一番右が、分電盤から来ている電源線(室外電源)。
左側3つの電源線で、3台の室内機それぞれへ電源を分配しています。
右下の白いテープで保温しているのが冷媒管。
各台に「往き・復り」と2本ずつ繋がっているので、計6本の冷媒管があります
e0207151_18554749.jpg

撤去した3室マルチ室外機。約20年使用。躯体も随分大きく80kg以上あります
e0207151_18583961.jpg

古い室内機を撤去したところ。隠蔽配管が確認できます
e0207151_1902061.jpg

新しい室内機
e0207151_1912054.jpg

こちらのお宅は2世帯住宅です。それぞれにエコキュートをご使用されております
(弊社施工ではないのですが…)
e0207151_1915714.jpg


土曜日・本日の月曜日と施工したのですが、この他にも入替えたものがあります。
それは次回に!
[PR]
by home-saving | 2012-06-25 19:08

TES式ガスエアコンからの入替え(東京都多摩市)

今は製造中止になっているのですが、以前は複数のメーカーで
「ガス式エアコン」という製品を製造していました。
ガスの特性を活かし、
「暖房はガスで作った温水を使って温風」を、
「冷房は冷媒ガスを使って冷風」を、というものです。
このような製品が製造中止になった背景として、
ヒートポンプ技術が向上したことが挙げられます。
本日は、こちらのエアコンを入替えです。

手前で撤去しているのが室外機。その奥のガス給湯器のように見えるものが
暖房用の熱源機です。エアコン以外に、浴室暖房等で使用しているため、残します。
e0207151_20184179.jpg

このシステムを最初に導入したのは、弊社ではなく、
どの温水管がエアコンにつながっているかが記されていませんでした。
残すもの、外すものを調べます
e0207151_20203687.jpg

e0207151_20205426.jpg

温水を作るための水が入っていることがわかります
e0207151_20221143.jpg

入替え前も後もマルチ、かつ隠蔽配管です
e0207151_2023385.jpg

室内機のひとつは床置形。床から配管・電源ケーブルが立ち上がっています
e0207151_2025446.jpg

e0207151_20255729.jpg

入替え後の室内機。床置形と壁掛形。
隠蔽配管仕様ですので冷媒管・電源ケーブルとも見えません
e0207151_20265949.jpg
e0207151_20272079.jpg

室外機の入替えも終了し、真空引きをしています。
左のガス熱源機は、先述通り浴室暖房などで引き続き使用します
e0207151_20295491.jpg

最後に、コンクリ基礎と室外機をビスで固定しています
e0207151_2030281.jpg


「量販店の標準工事」とは大きく異なる、かなりの技術力を必要とする
施工であることが、お分かりいただけたと思います。
電気の技術・知識だけでなく、温水式床暖房の施工事例を数多く有するからこそ
迅速に対応できるのです。

空調設備関連は、高い技術力を有する当社にお気軽にご相談ください!
[PR]
by home-saving | 2012-06-24 20:34

東芝 太陽光発電7.2kw(川崎市)

昨日、東芝の太陽光発電システム7.2kwのご用命をいただきました。
陸屋根を除くと、これまででいちばん出力量の多いシステムです。

補助金申請・受理後の着工となりますので、おそらく来月中旬以降の施工となります。
詳細は、その際にレポートします。

こちらのお客様は、昨年弊社で天井埋込式エアコンの入替を施工しております。
e0207151_20383827.jpg

もちろん、隠蔽配管仕様です
e0207151_20433666.jpg

この他にも、床暖房のお世話もさせていただいており、
一昨年には、熱源機をヒートポンプ式のものに入替えています。
オール電化生活をされてきておりますが、太陽光発電の導入で
これまで以上に光熱費のかからない、ライフスタイルが期待できそうです。

ご契約時に、ご主人様が「楽しみだ!」としみじみ仰った言葉が印象的でした。
この言葉を裏切らないように、精一杯丁寧な施工を致します。

いい加減な業者だったら、このような言葉も気にかけないでしょうね…
[PR]
by home-saving | 2012-06-23 20:35

タイルが剥がれたので(東京都小金井市)

タイル貼りの外壁や外構は、とても高級に見えるので、私は好きです。
モルタルやサイディングと比べれば、塗替えの必要もなく、
ランニングコストが少なくて済む、というメリットもあります。

ですが、「割れる」「剥がれる」というリスクがあります。
こちらのお客様は、駐車場の電動シャッター周りのタイルが剥がれてしまい、
非常に危ないということ、また近くを通りかかった人や車などに被害があってはいけない、
とのことでご相談を受けておりました。
そこで、当該部分を撤去し、ガルバニウム鋼板を葺くことで対応することにしました。

剥がれたので、テープで応急処置をされていました
e0207151_14363353.jpg

e0207151_14353769.jpg

下地とタイルを固定するモルタルが割れ、強度がなくなっていました
e0207151_14372653.jpg

e0207151_1438127.jpg

タイル、モルタルを撤去し、ベニヤと防水シートを貼ります
e0207151_14394571.jpg

ガルバニウム鋼板を貼って、仕上げます
e0207151_14413463.jpg

e0207151_14411197.jpg


空調やオール電化、太陽光発電の他に、このようなことも対応しております。
お気軽にご相談下さい。
[PR]
by home-saving | 2012-06-22 14:42

浴室の改修終了(東京都町田市)

昨日・今日と、ユニットバス組立て後の新旧取り合わせを行い、無事お引き渡しをしました。

e0207151_16395476.jpg

e0207151_16382119.jpg

引き戸周りの木枠と、壁紙を貼るためのボード及びその下地
(ボードを貼っているので見えません)を昨日施工しています。
e0207151_16431593.jpg

出入り口は引き戸にしています
e0207151_16403774.jpg

e0207151_16404963.jpg

壁紙を貼って仕上げます。
単純に見えますが、窓周りなどは意外と大変です。
e0207151_16421771.jpg

継続使用する開き窓、網戸もキレイにしました
e0207151_1643535.jpg
e0207151_1644595.jpg

浴室内もこんなにキレイになりました。

カンタンなお手入れで、このキレイさが長持ちします。
キレイなお風呂は本当に快適です! お気軽にご相談ください。
[PR]
by home-saving | 2012-06-20 16:37

和室 壁埋込形エアコン入替ご用命(横浜市)

e0207151_17284825.jpg

↑の写真、お分かりになりますか?
これは、和室の天袋上に埋め込まれたエアコンです。
リビングの天井埋込タイプと、2室マルチになっています。

先日、こちらの入替をご用命いただきました。もちろん隠蔽配管仕様です。
生産量が少ないタイプのため、数多くの施工実績を持つ当社でも、
入荷までに時間を要します。
組み合わせによっては、マルチエアコンは天井埋込形エアコンなど
高級機種は、納品・施工までお時間をいただくケースがあります。

ご検討のお客様は、お早目にご相談・ご用命いただければ幸いです。
この他にも続々エアコン入替のご用命を頂戴しております。

隠蔽配管や天井・壁埋込形エアコンの入替をご検討中でしたら
お気軽に当社までご相談ください。

せっかくですから、壁に穴をあけて… はもったいないですよ!
[PR]
by home-saving | 2012-06-19 17:33

浴室リフォーム3日目(東京都町田市)

浴室リフォームもいよいよ3日目。
本日はユニットバスの組立てと、ガス給湯器の入替えです。

TOTOオリジナルの「魔法びん浴槽」。
保温効果に優れ、給湯・追炊きコストが低減できます。
e0207151_211239.jpg

これまでの浴槽と比べれば、その保温対応の違いが一目瞭然
e0207151_2122696.jpg

「ユニットバス」の名の通り、「箱」を組み立てるイメージであることがわかります。
この空いているスペースは、明日の大工作業でキレイにします
e0207151_2133627.jpg

以前の壁と比べると目地部分が少ないので、汚れ(カビ)が付きにくい
設計になっています。その他お手入れがしやすい(少なくて済む)工夫が
あちこちにされています。
e0207151_2163726.jpg
e0207151_2165765.jpg

換気用の窓は、以前のものを活かすようにしました
e0207151_2191383.jpg

シャワーやカラン部を取付けていきます
e0207151_21114341.jpg
e0207151_21114639.jpg
e0207151_2112117.jpg

コーキングとキレイに掃除をして、組立ては完了
e0207151_21131782.jpg
e0207151_21131846.jpg

ガス給湯器も最も高効率のエコジョーズに入替ました。
以前の給湯器は1997年製で、約15年使用。
ガス給湯器の平均寿命は14年と言われていますので、良い入替え時です。
エコジョーズに入替えると、1年中ガス代が3%割引になります
e0207151_2115317.jpg

e0207151_21161534.jpg


明日の大工施工、明後日のクロス貼りで、完成の予定です。
[PR]
by home-saving | 2012-06-18 21:17

浴室リフォーム2日目(東京都町田市)

解体が終わり、昨日が2日目。
ユニットバスを組み立てるために大切な「墨出し(位置決め)」がメインです。

墨出しは、メーカー(TOTO)担当者が行います。
給排水の位置替えが必要になるので、水道担当と意見交換しながら進めます
e0207151_7323821.jpg

e0207151_7324870.jpg

このように、組み立てる際に重要な位置(目印)を記していきます
e0207151_733991.jpg
e0207151_7331720.jpg
e0207151_7332363.jpg
e0207151_7332989.jpg

前もって施工可能な給排水改修を行いました。写真は、追炊き配管の延長です。
バスタブとの接続位置が異なるため、延長が必要になります。
e0207151_735741.jpg

e0207151_7352690.jpg

実際にユニットバスを組み立てるスタッフは別になるので
本日の現場調査確認事項を申し渡す書類を作成して貰い、漏れのないよう
万全を期して組立て当日を迎えます
e0207151_7365126.jpg


月曜日は朝から組立てです。
「浴室の改修」といっても、いろいろな工程を踏んでいることが
お分かりいただけると存じます。
[PR]
by home-saving | 2012-06-17 07:38

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧