Panasonic 新全館空調システムを入替えます

この写真が何か、お分かりになりますか?
e0207151_20235398.jpg

これは、「冷媒分岐ユニット」といって、
室外機からきた冷媒管を複数の室内機に分岐する機器です。
通常、床下や天井裏に設置していますが、この写真は天井裏です。

この機器を組み込んだ「全館空調システム」は、
建物の保温・保冷機能を高めている「高気密・高断熱住宅」にマッチした空調設備です。
(Panasonicの説明はこちら

高気密・高断熱ゆえ、冷暖房費は一般住宅の半分以下ですみ、とっても経済的。
(小能力の専用エアコンを使用します)
湿気がこもりやすい、という嬉しくない特徴もある高気密・高断熱住宅ですが、
冷風感を抑えながらの強力な除湿を可能にした「無気流&パワフル除湿」が
この問題を解決しています。

この高気密・高断熱住宅に合わせて、「全館空調システム」は、
一般的なエアコンの入替えとは勝手が違い、カンタンにはできません。

昨日、弊社はこのシステム入替のご用命を頂戴しました。
弊社の施工技術・品質をご信頼いただいたものと感謝します。
施工は来月の予定。その際には改めて施工風景をレポートいたします。
[PR]
by home-saving | 2012-10-15 20:39

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧