隠蔽(埋込)配管エアコンの入替え(神奈川県海老名市)

先週末に施工した隠蔽(埋込)配管エアコン入替えのレポートです。
隠蔽配管は、もうお馴染みになったことと思いますので、
今回は別の切り口、「室内電源」と「室外電源」を中心に構成します。

※隠蔽(埋込)配管。室外機と室内機の間の冷媒管が床下や壁内に埋め込まれる仕様
  壁に冷媒管などが這っていたり、ダクトカバーがないのでスッキリした仕上げになり、
  建物の高級感を演出

古い室外機を撤去したところ
e0207151_20351683.jpg

新しい室外機を取り付けたところ
e0207151_20351832.jpg


本題の室内電源と室外電源の違いですが、次の2つの写真を見比べてください
e0207151_20372541.jpg
e0207151_20373711.jpg

違いがわかりますか?
上の写真は室内機とコンセントが繋がっていますが、下の写真はコンセントがありません。
上のタイプを室内電源タイプ、下を室外電源タイプといいます。
※いずれも隠蔽(埋込)配管仕様ですので冷媒管は見えません。
  室内機裏側の壁内を通っています

室内電源タイプは、横のコンセントから電源を取っています。
それでは、室外電源タイプはどこにコンセントがあるのでしょうか?
答えはコチラ
e0207151_20415192.jpg

実は、分電盤(専用ブレーカー)からこの室外機まで直接ケーブルを介して
電源がきています(上の配管)。つまりコンセントは不要になります。
マルチエアコンはこの室外電源タイプになっており、一部セパレートタイプのエアコンにも
設定があります。
マルチエアコンをやめて、複数のセパレートエアコンに入れ替える場合、
この室外電源タイプを上手く使えば、室内機横のコンセント新設が不要になり、
施工費の削減が期待できます

こちらのお客様宅でも、室内電源は室内電源、室外電源は室外電源に
それぞれ入替えましたので、コンセントの新設はしていません
e0207151_2047445.jpg

e0207151_20473171.jpg


参考までに、もっともリーズナブルなグレードでも
ダイキンエアコンには「ストリーマ空気清浄機能」が標準装備されており魅力的です
ダイキンロゴマーク下に「ストリーマ」マークが見えます
e0207151_2050178.jpg

[PR]
by home-saving | 2012-09-06 20:54

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧