隠蔽配管2室マルチエアコンの入替 後編(東京都杉並区)

前編からの続きです。前編では壁内のドレン配管まで説明しました。

壁内を伝わっている冷媒管、電源コード、ドレン管を
新しい室内機のそれらと結びます
カンタンそうに見えますが、意外とテクニックがいるので、
誰もができる仕事ではないのです。イヤがる人も多いです
e0207151_18142697.jpg


室外機の入替中。室外機本体と冷媒管を繋いでいます。
2室マルチなので、冷媒管が4本(往き・戻りが2室分の4本)確認できます。
e0207151_1820951.jpg

After
室内機の入替完了。横幅が小さくなるので、壁の汚れが目立ってしまいます。
これでもキレイにしたのですが、洗剤などを使うとシミになることが稀にあるので
施主様ともご相談した結果、このままでOKとなりました
e0207151_18164029.jpg

「真空引き」もしっかり行います。コレをやらない業者はNGです
e0207151_1822244.jpg


もう1部屋、こちらはセパレート(1台の室外機と1台の室内機)の入替も行いました
壁内を冷媒管などが通っていることが分かる写真
e0207151_18241088.jpg

入替完了。9:00開始でしたがお昼ちょっと過ぎに試運転・片づけも終わりました。
e0207151_1825513.jpg

<注目>
2室マルチの消費電力料の比較。
古いタイプ:HAS-MA562T1
冷房運転電流15.44A、冷房消費電力2.78kw
暖房運転電流13.88A 、暖房標準電力2.5kw
e0207151_18343716.jpg

新しいタイプ:MXZ-60RAS
冷房9.00A、1.78kw
暖房9.3A、1.84kw とそれぞれ読めます。
e0207151_18345146.jpg

冷房で約1/3以上、暖房で約1/4以上の省エネになっていることがわかります。

省エネの度合いは比較機種で数字が変動しますが、
古いモデルをいつまでも使い続けると
結局「電気代が多くかかってしまう」ことになるのです!

[PR]
by home-saving | 2011-12-08 18:38

Home-saving の最新情報


by home-saving

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧